Return to site

服部暁典トリオ early spring live 2018

ライヴのお知らせ

· ライヴ

及川文和(ドラム)と田村滋(ベース)と共に、トリオライヴに再挑戦である。

昨年12月のライヴに関するエントリーに「トリオという小編成ならではの自由と責任」みたいなことを書いたが、私がピアノトリオを特別視するのは、その「責任」故である。メンバーという柱が太くなればなるほど、上に乗っかる屋根(音楽)は大きくたくましくなるはず。まずは自己鍛練だ!とばかりピアノをボロボロ弾いていたら、なんだか楽しくなってきた(笑)。もちろんその先は楽しいばかりではないのだが、ライヴは楽しくやりたいものである。

ライヴシリーズ「あなたとNorahと音楽と」#3

服部暁典トリオ early spring live 2018

2018年4月7日(土)

Open 16:30 Start 17:00

ライヴチャージ 500円+ワンドリンクオーダー

門前喫茶Norah

仙台市青葉区大倉 西方寺五重塔隣

三人三様のバックグラウンドを持つバンドなので、何かひとつのジャンルに特化した曲目ではなく、ジャズスタンダードもやればスティーヴィー・ワンダーなどのブラックコンテンポラリーなど、なるべく幅広いジャンルの音楽を演奏したいと思っている。春の足音を聴く定義山で、おいしいコーヒーを呑みながらやんちゃな演奏をお楽しみいただければ幸いである。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly