サイトへ戻る

DAWに迷う秋

作家にとってのワープロソフトみたいなもので、音楽制作家とDAWの関係は微妙なもの

· 機材

Logic Pro9に固執しているおかげで、Mac OSのバージョンを上げることができない。安定した制作環境のためにはガラパゴス上等!ではあるものの、プラグインや外部機器のドライバーなど、あれこれ悩む要素は多い。それでもLogic ProXがものすごく魅力的なDAWなら、あれこれ迷わずアップグレードすれば良いだけの話なのだが、残念ながらそうではない…。

 

今気になっているのはPreSonusのStudio One。デモ版を使ってみて、何よりも音質がとても「今風」で驚いた。Logic Pro9ではこういう音にするためにあれこれコツを駆使していたのだが、最初からエッヂの立った音で、こりゃいいわい。

 

とは言え問題も。同梱のプラグイン音源はまだまだLogicに利があるように思えた。まったくもう…。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。